俄(にわか)は、千二百年の歴史を持つ京都で誕生いたしました。
そこで生まれた感性は、洗練されたデザインと最上のクオリティを生み出し、
ジュエリーに気品のある存在感をもたらします。
俄(にわか)のジュエリーには世界を魅了する日本の美意識が息づいてます。

俄(にわか)の特徴

一生ものの着け心地

毎日身に着けるブライダルリングだからこそ、俄を着ける人のことを考えたデザインと仕上げにこだわります。
着け外しの負担が少なくなるよう内側を仕上げることで、滑らかな指通りと着け心地の良さを実現しています。

気品まとう確かな存在感

細部に至る繊細な作りこみと、デザインの完成度の高さがもたらす存在感。ジュエラーが気品をまとう、ブライダルにふさわしいリングです。側面に流れるように続くデザイン、美しい光のラインを生むダイヤモンド。細部に至る卓越したこだわりが完成度を左右します。細身のリングにある美しい立体感。その完成度の高さが存在感を放ちます。

情緒深まるセットリング

美しく重なったセットリング。デザインの美しさだけではなく、それぞれの情景や想いが重なり合い、新たなストーリーを生み出します。

初桜 ーういざくらー セット
出会った頃の初々しい気持ちをイメージ。婚約指輪のダイアモンドを枝に咲く桜の花に見立て、結婚指輪のメレダイアは花びらを、男性用は幹を表現しています。

露華 ーろかー / 朝葉 ーあさはー
清々しい朝の風景。
新緑にきらめく朝露のひかりにふたりの未来を映し出しています。

木洩日 ーこもれびー/ せせらぎ
やわらかな陽射しに輝くせせらぎは、穏やかなふたりの未来を表しています。

花雪 ーはなゆきー / 雪佳景 ーせっかけいー
朝の美しい雪景色の中、ふたつとない雪の結晶が薬指に舞い降りた様子を表現。

NIWAKA DIAMOND
輝き極まる俄ダイヤモンド

「俄ダイヤモンド」は独自の基準でカットを施した希少なダイヤモンド。
カットの最上位であるトリプルエクセレントの評価を得たダイヤモンドには
ふたつの「正方形」が現れます。

「正方形」は日本の美の原点であり、
「誠実さ」、「素直さ」、「正直さ」という意味が込められています。

作品としてのクオリティ

俄はジュエリーひとつひとつを作品ととらえてます。
流れるような面の美しさ、立体的な仕上げ、
どの角度から見ても美しいフォルム。
正面はもちろん、側面・内側など細部にわかる完成度の高さは
ジュエラーとしての品質と誇りの証です。

日本の心を伝える リングケース

世界中で愛されるデザイン。
その側面には日本で古来より高級箱に用いられる
「飾り刳り(かざりくり)」がデザインされ、
洗練された美しさをもつリングケースです。

婚約指輪

結婚指輪

PAGE TOP