ロイヤルアッシャー社は、1854年オランダ・アムステルダムにて創業、名門のダイヤモンドジュエラーとして確固たる地位を築いてきました。白く、上品で高貴な輝きを放つロイヤルアッシャーダイヤモンドは、創業当初から現在に至るまで、世界各国の王室からも称賛を集め続けています。数々のダイヤモンドの歴史に残る偉業を成し遂げ、業界のトップリーダーとしての役割を担ってきた功績と信頼から、オランダ王室より「ロイヤル」の称号を授けられています。

良質なダイヤモンド原石を見極める独自の厳格な基準と、創業以来、脈々と受け継がれてきた卓越したカットや研磨技術が、「ロイヤル」の名にふさわしいダイヤモンドの輝きを生み出しているのです。

ロイヤルアッシャーとは

左より ¥287,280 ¥146,880 ¥123,120 ¥118,800
※中石のサイズにより価格は変動いたします。

クラウンモチーフコレクション:婚約指輪の石座の側面に1石ずつメレダイヤモンドをセッティング。シンプルでありながら側面から包み込むような輝きを実現。

エタニティリング:途切れることなく敷き詰められたダイヤモンドで「永遠の愛」を表現。近年は婚約指輪としても人気です!

エンゲージネックレス:ロイヤルアッシャーのダイヤモンドを使用したネックレス。普段指輪を着けられない方にもピッタリです。

ロイヤルアッシャー ダイヤモンドのこだわり

ダイヤモンドの輝きと品質を大きく左右するのは原石のクオリティです。
いかに優れた研磨技術をもってしても、原石が良くなければ輝きは鈍くなります。
良質な原石とは「透明性が高く超微細なインクルージョン(内包物)が含まれていないこと」
「ダイヤモンドの結晶にゆがみがなく、、八面体の形であること」
「ダイヤモンドのくすみをもたらすグレイみ・ブラウンみがないこと」
「白く濁った輝きの要因となる強い蛍光性がないこと」です。
ロイヤルアッシャー社は、白く上品で明るい輝きを求めて、きわめて良質な原石のみを厳選し、調達しています。

白く高貴な輝き

ダイヤモンドの輝きには、主に3つの要素があります。
白い光のブリリアンス。
虹色の光のディスパージョン。
ファセットによってきらめくシンチレーション。
ロイヤルアッシャー社が追い求めているのは、ヨーロッパで伝統的に好まれてきた白く高貴な輝き“ブリリアンス”です。
ロイヤルアッシャーダイヤモンドは、純白のウェディングドレスに象徴されるブラダルシーンにふさわしく、白く上品で明るい輝きを放ちます。

クラウンマークへの誇り

ロイヤルアッシャー社の美へのこだわりは、ダイヤモンドをジュエリーへと仕上げる工程にまでおよんでいます。
ダイヤモンドの輝きを最大限に引き出すために、ダイヤモンドをセッティングする爪は、形、大きさ、対称性に細心の注意を払い石座の細部まで丁寧に磨き上げられています。
リングには、適度な厚みを持たせ、洗練されたフォルムと強度を両立。
内面と側面を熟練の技で磨き上げることによって、なめらかな指通りと心地よさを実現しています。
鑑識眼豊かなエキスパートによる厳しい検査を経て、ジュエリーとしての美しさとつけ心地の良さを満たした証としてクラウンマークが刻印されます。

婚約指輪

結婚指輪

PAGE TOP